最新記事

プロミスの審査を申し込みキャッシングした理由

万が一、借金の返済不能に陥り、どうしても首がまわらなくなったとしたら、怒られるのを覚悟で親や兄弟にお金を借りると思います。それも、プロミスの審査を申し込みキャッシングした理由は嘘ではなく、正直に何に使ったかを話したうえで、これからどのくらいの期間でいくらずつプロミスに返済するかといった返済方法をきちんと伝えて、頭を下げてお願いすると思います。
お金を借りる理由として、たとえば事故にあったとか、そういった嘘をついてもバレないかもしれませんが、嘘をついて借りた場合、自分自身がまた同じような事を繰り返すのではないかと思うからです。
返せないお金を借りた自分が悪かったことをきちんと反省し、二度と同じ失敗はしないといった、「自分で自分を戒める」という意味でも、それは大切なことなのではないかと考えています。
消費者金融に借りるより恥をしのんで身内にお願いする方が、個人的には安心感もありますし、恥をさらけ出すことで、同じ間違いをしない、ということへもつながっていくのではないでしょうか。

最新記事

消費者金融でお金を借りる癖がある人は

消費者金融でお金を借りる癖がある人は、もう治らないと思います。
自分の収入以上にお金を使う、ということに慣れているので、これからもカードローンを利用し続けるでしょうね。
友人の旦那さんにもこのタイプがいました。
次から次に消費者金融でお金を借りるので、キリがないと言っていました。
今はきちんと返済しているかもしれないけれど、金額が増えていく可能性もあります。
もう利用しないで、と言っても聞いてくれなさそうだし、結婚するなら、年収700万円の彼の方を選びます。
「絶対に」お金を貸したり保証人にならないで!とお願いしても無理そうなので、そういう時は必ず私に相談してからにしてほしい、と約束してから結婚します。
人が良い、というところは長所だし、年収でカバーできる金額なら大丈夫かな、と思います。
絶対にお金を貸さない!という男性はちょっと冷たい気もしますしね。”

最新記事

WEB完結で申し込めるカードローンを利用

私は「キャッシング癖があってたまに遅れるけどちゃんと返済する彼」を選びます。
なぜなら、まず私も同じ境遇にある、という事が一つ。キャッシングはWEB完結で申し込めるカードローンで消費者金融を利用しています。真面目なのも大事なことではありますが、冗談も通じないようじゃコミュニケーションに苦しみそうな未来が想像できます。
実際に私もたまに遅れるけどちゃんと返済していますし、現状特に困った事がありません。
逆に破産宣告された人だと、その後の事を考えると住宅ローンから何から、すべて私名義にしないといけないような気がしてきて少し怖いです。
たまに遅れるくらいならちゃんと働いてさえいれば、完済後すぐにまたローンを組めるかもしれないしダメでも5年待てば、という思いもあります。
事業で失敗しても、破産宣告されなければ事業で失敗した彼でも正直考える気持ちにはなりますが、それならちょっとダラしないくらいの方を私は選びますね。

最新記事

なんで急いで即日キャッシングするの?

ただのキャッシングの借金ではなく、自己破産するレベルというのはかなりの金額だったと思います。なんで急いで即日キャッシングするの?即日審査、即日融資可能なキャッシング会社を比較してまで急いでお金を借りる必要があったの?それがわかった状況にもよりますが、本人にどのような理由で借金することになったのか。なぜ返済できなかったのかを問い詰めます。そのキャッシングの使い道の内容によって、婚約を考え直します。一時的に金が必要などうしようもない状況だった、例えば手取りが15万円くらいしかないのに親が急に倒れて莫大な治療費がかかったとか、自分で経営していた会社が不況のあおりを受けて倒産してしまったとか、今後借金を再度するような理由でなければ現在借金もないので条件を提示し、すべて了承を得られれば婚約を続行します。この先苦しい状況が続くことが想定できますが、一度結婚すると決めた以上なんとかふんばります。しかし、ギャンブルだったり浪費癖で作ったキャッシングによる借金での破産宣告であれば、いくら約束をしたところで直らない可能性が高いので、どんなに好きな相手であっても婚約破棄します。

最新記事

50万円借りたいなら連帯保証人OKです

自分の力では、50万円が人にあげられる最大の金額になります。50万円のお金を借りたいなら連帯保証人OKです。これ以上は無理です。しかし、お金を借りたい人が兄弟ともなると大切なので、それよりも頑張るかもしれません。しかし、連たい保証人にはなれません。お金をあげます。「連帯保証人にはなりません」というと思います。この連帯保証人というシステムはたいへん恐ろしいシステムです。むやみにすることはできません。昭和にシステムのような気がします。21世紀には合わないでしょう。
イメージが底なし沼といった感じです。一度なってしまうと、どこまでも,泥沼化していきそうです。親、兄弟には相談に乗って、どうにかそのシステムを使わなくても済むようにしてやった方がイイでしょう。お金さえ出せるのであれば、ならずに済むのではないでしょうか。助かることに、今まで、連帯保証人になることなく過ごすことができました。おばさんであれば、だまされやすいことでしょう。自分の子供であればしかたがないです。

最新記事

主婦でも借りれるキャッシングで借金をしまくり

何はさておき、主婦でも借りれるキャッシングで借金をしまくり、妹が外国に売り飛ばされることだけは何がなんでも避けたいので、まずは仕方なく自分の貯金から代わりにキャッシングの借金を返済すると思います。普通に考えて専業主婦でも借りれるキャッシングに手を出すなんてことはしちゃいけないことを言い聞かせます。
返済した上で、その悪い男を訴えます。知り合いの弁護士に、妹が悪い男に騙されて、借金を背負わされた件を相談すると思います。絶対に泣き寝入りはしたくありませんので、妹から事細かに情報収集をして、やっつけます。
その結果、何かしらよい方向に話が進めばいいのですが、実際妹に全く非がない訳はないと思いますし、残念ながらそう簡単にうまくはいかないと思います。
その時には、悔しいですが、妹が愚かだったと諦めるしかないと思います。代わりに返済したキャッシングの借金については、半分は持ってあげて、半分の350万円は、けじめとして時間がかかってもいいので、返してもらいます。妹には、同じ事は繰り返さないようにしっかり説教をします。

最新記事

500万円も金融会社からお金を借りるなんて・・・

婚約の前に、彼が500万円の借金をしているとわかったら、お金をかりた理由を聞きます。500万円も金融会社からお金を借りるなんて・・・。なぜなら、人生をともに歩もうとした相手なので、何か原因があると考えるからです。もちろん、人生にはいろいろありますから、身内の重大な病気や両親の事業の融資をしたなど納得がいくことなら、一緒に具体的な返済方法を彼と話しあいます。また、消費者金融は、利率も高いのです。だから、インターネットで情報を探して法律の専門家を探します。そこで、彼と一緒に相談に行って効率のよい返済の仕方を検討して、お互いに納得ができたら彼と結婚をするでしょう。彼と結婚したら、私も借金を返済に協力をして、完済に努力をしますね。しかし、高級車を買ったとか、ギャンブルが原因なら別です。結婚前から、派手な生活をするようなら破綻は目にみえています。だから、その時は、私がお金を渡してでも別れるでしょう。

最新記事

大学生の頃の友人にお金を借りて返済しないヤツいた

お金を借りて返さない人、実際に大学生の頃の友人に一人いました。
その人は人当たりが良く、知り合いがたくさんいるタイプでしたが、広く浅く付き合っているようで、友達と呼べる人は少なかったのだと思います。
お金を貸して欲しいというだけでなく、授業のノートを写させて欲しいとか、自分勝手な願いを平気で言ってくるような人でした。
一度、お弁当を忘れたので、学生食堂で昼食を食べたいのだが、お金を持っていないので貸して欲しいと言われたので、千円貸しました。
小額なので、特に返済期限を設けず、こちらも警戒することなく貸してしまったのが悪かったのですが、次に逢った時には御礼さえも言われてませんでした。
2回目に逢った時に、私から千円を返済して欲しいと伝えましたが、手持ちが無いと言われて断られてしまいました。そういうやつは友達にお金を借りないで金融機関でお金を借りるようにしてほしい。そうすればいくらなんでも返済するだろうし。
そんな風にして2度ほど返済するように伝えましたが、結局は返済されず、私の方も面倒になってしまって、結局そのまま関係も疎遠になりました。
お金の金額に関わらず、返す気が無いなら簡単に借りないで欲しいです。
借りたお金を返さない人は、人間として信用出来ないし、許せません。

最新記事

キャッシングできないので親に150万円借りた

妻から裁判を起こされて、急遽弁護士を立てなければならなくなりました。弁護士に費用を相談すると、着手金として50万、裁判の進行次第ではさらに必要になると言われ、とりあえず親から100万円借り、その後50万円、合計150万円借りました。キャッシングの審査は通らないし身内からお金を借りるしかなかった。自分の事なので自分でお金を工面したかったのですが、当時は貯金がほとんどなく、親から借りなければならなくなったのはとても恥ずかしく、また申し訳ない心境になりました。本来であれば高齢の両親にはこちらからおこずかいをあげなければならない立場なのに、逆にお金を工面してもらう羽目になり、時分はいったい何をやっているのだろうという自責の念にかられました。しかし、両親に自分のプライベートを包み隠さず相談できたことは、今思えばよかったのかもしれません。裁判は3年ほど継続し、その間働きながらなんとか150万円は返済することができました。身内からとはいえ、借金はやはり気持ちのいいものではありませんでした。